競艇は基本的にオッズが低いと言えども、毎日のように高配当のチャンスがあります。

歴代の高配当

高配当のイメージ
公営ギャンブルを楽しむ人間であれば誰もが一度は経験したいもの、それが高配当です。

 

高配当を獲得することは、公営ギャンブルにおける最大の醍醐味とも言えます。

 

そして、これはもちろん競艇も例外ではありません。
ここでは、参考のために競艇における歴代の高配当を紹介していきたいと思います。

 

競艇はオッズが低く、しかも当たりやすい

競艇は他の公営競技と比べて非常にオッズの低い競技です。
これは何故かと言えば、競艇は圧倒的にイン(インコース)が有利な競技で、投票が割れ辛いからです。

 

つまり、手堅い予想をすれば当たりやすく、大穴を狙ったら当たりにくいのが競艇という競技なのです。

 

また、競艇は他の公営競技と比べて予想が当たりやすい競技でもあります。
その理由は他のページでも少し触れましたが、買い目が少ないからです。

 

競艇は計6艇で順位を競う競技であるため、当然ながら予想の範囲も極々限られた範囲に収まるのです。

 

 

歴代の高配当

過去の高配当
次に、過去にあった実際の高配当の例を紹介したいと思います。

 

ここでは、歴代のトップ10を2019年2月までのデータから紹介したいと思います。

 

1位:¥682,760

徳山競艇場 2011/05/22(5日目) 2R 3連単

 

2位:¥650,610

三国競艇場 2016/03/21(4日目) 1R 3連単

 

3位:¥595,550

徳山競艇場 2019/01/16(5日目) 2R 3連単

 

4位:¥579,900

芦屋競艇場 2016/05/24(3日目) 1R 2連単

 

5位:¥537,990

若松競艇場 2003/12/10(2日目) 5R 3連単

 

6位:¥514,810

蒲郡競艇場 2013/10/05(4日目) 7R 3連単

 

7位:¥511,500

大村競艇場 2014/07/12(3日目) 6R 3連単

 

8位:¥506,500

福岡競艇場 2008/04/25(初日) 3R 3連単

 

9位:¥498,640

唐津競艇場 2015/10/03(2日目) 10R 3連単

 

10位:¥489,350

三国競艇場 2018/07/14(2日目) 3R 3連単

 

これを見れば一目瞭然ですが、競艇ではオッズが低いと言っても、決して高額の払い戻しが行われないわけではありません。

 

それどころか、競馬の万馬券に当たる万舟券は実は毎日のように全国何処かの競艇場で生まれているのです。

 

またさらに言えば、万舟券を超える十万舟券も毎月のように生まれています。

 

ですから、オッズが低いとは言え、競艇には高額配当のチャンスが十分にあるということなのです。

 

合わせて読みたい:万舟券が出やすいのは競艇が365日開催されているから?

 

高配当のチャンスは開催初日

競艇で高配当を狙う上で非常に大きなチャンスになるのが開催初日です。

 

何故かと言えば、開催の初日には大番狂わせが起きやすいからです。

 

レースの初日はどの選手にとっても難しく、どれだけ調子の良い選手であっても、あるいはどれだけ実績のあるベテラン選手であっても、思わぬミスをすることが多々あるのです。

 

そのため、初日には誰も予想していなかった選手が勝利することがあります。
逆に言えば、2日目以降は調子の良い選手ベテラン選手が予想通りの実力を発揮してくるということでもあります。

 

 

 

ページの先頭へ戻る