競艇の決まり手全6種を解説!初心者向けの知識をおさらいしよう

競艇の6種類の「決まり手」

将棋の王手

競艇には6種類の決まり手があります。日常的に舟券予想を楽しむ人から見ればトリビアではなく定番の基礎知識ですね。

 

しかし、長年競艇を楽しんでいるベテランでも、「抜き」や「恵まれ」など珍しい決まり手の概要を正しく理解していない方が多く見られます。

 

初心者に向けた解説と中級者以上の方のおさらいをかねて、6種類ある競艇の「きまり手」を解説いたします。

 

競艇の決まり手6種
  • 逃げ
  • 差し
  • まくり
  • まくり差し
  • 抜き
  • 恵まれ

 

①逃げ

先頭を駆けるボートレーサー

競艇でもっとも多い決まり手で、基本的には1コースの選手だけができる決まり手です。

 

名称の通りスタート直後から先頭を走って逃げ切ることが、逃げを認定される条件です。

 

2コースから外側の選手の場合は、スタート直後の1マークを先頭で通過する過程の中で、内側のコースの選手を抜くことになります。

 

スタートに成功して先行したとしても、内側の艇と接近した状況があれば逃げ以外の決まり手が適用される仕組みです。

 

ごく稀に1コースの艇が大幅に出遅れした場合は、2コースの艇の決まり手が逃げに認定されることがあり、3コース以降は基本的に逃げの決まり手が成立することはありません。

 

逃げがもっとも多い要因は、競艇は1コースが圧倒的に有利なことが関係しています。

 

コースの有利を活かした決まり手なので、逃げを得意な決まり手としてアピールしている選手は存在しません。

 

②差し

差しは先行する多艇を内側から抜かして先頭に立って勝つ決まり手です。

 

スタート直後の1マークでは、内側の艇を差す流れになるため、1コース以外のコースで多い決まり手。
特に2・3コースが内側の艇を差して決まるケースが多いです。

 

インコースの艇がポジション争いで激しい接近戦を繰り広げ、お互いに走行ラインが膨らんだ隙に、外枠の艇が複数艇を一気に捲ることもあります。

 

③まくり(捲り)

先行する他の艇を外側から抜くのが「まくり」です。

 

競艇はターンマークを大回りすると、次の直線で外側に膨らんでしまうデメリットがあるので、しっかりスピードを乗せて突っ込まないと決まりません。

 

まくりは内側の艇が引き波で不利を受ける際に決まりやすいです。

 

スピードを乗せる必要があるため、波や潮の影響で競争水面全体に波が立っている時は決まりにくいことを覚えておきましょう。

 

④まくり差し

まくり差しは先行する艇を複数艇同時に抜かし、さらに内側から抜く艇と外側から抜く艇で分かれた時に適用される決まり手です。

 

最低でもインコースから先行する2艇を同時に抜かないといけないので、3コースから外側の艇でないと決められません。

 

先行する艇がそれぞれベストなラインを走行した場合、まくり差しを決めるのは困難ですが、先行する艇がバトルしている隙に空いた走路からごぼう抜きする流れです。

 

先行する艇が2艇以上ある場合、複数艇をまとめて差し・まくりのどちらか一方で抜き去るのは難しく、4コース以降では意外に多い決まり手です。

 

⑤抜き

直線部分の加速もしくは最高速の違いで先行する艇を抜きます。

 

競艇で使うボートは全て同じメーカーなので抜きが決まるケースは少なく、一方の選手が調整不足で失速した場合や、水面の波が高くて直線走行中に大きなロスがあった場合に決まることが多いです。

 

展示タイムでライバル選手と大きな差があった場合を除いて、抜きの展開を予測することは難しいです。

 

舟券予想する際は④までに紹介した決まり手の中から展開を予想すれば問題ありません。

 

⑥恵まれ

他艇が転覆や落水、失格の影響で勝てた場合の決まり手です。

 

先行する艇が操作ミスで大きなロスがあった場合は、基本的に差しかまくりになります。

 

転覆や落水は先頭を走る艇が単独で起こすことが少なく、恵まれの決まり手になるレースは先行する艇が激しい接近バトルを繰り広げるケースが多いです。

 

恵まれの決まり手になるレースは2艇以上が脱落することも多く、大波乱のレースになりやすい特徴を持ちます。

ページの先頭へ戻る